「世界には数多くの組織、機構が存在するが、平和を論じ、推進していくための主体としての組織は国連だけである。国連は我々にとって最高にして最後の希望である」J・F・ケネディ

FSUNとは

1989年、財団法人FOUNDATION FOR THE SUPPORT OF THE UNITED NATIONS, INC.(FSUN)が米国ニューヨークで創設されました。

創立者は、リチャード・ピートリー氏(元米国国連大使)、国連事務次長(当時)明石康氏、衆議院議員(当時)渡部一郎氏の3名であり、初代理事長に鬼塚喜八郎氏(アシックス創業者)が就任しました。

国際社会にあって、設立以来さまざまな国際会議への積極的な参加や開発途上国への支援活動等を通じて、 国際連合(The United Nations、略称=国連)を支援するNGOとして広くその名を知られていました。

ニューヨークを中心に、国連支援の活動に10年間、取り組んできましたが、1998年にNPO法が日本国内で成立。運営の中心者の多くが日本人であったために、さらなる効率的な業務を遂行していくために、本部機能は日本へと移転し、その際に、内閣府の認証を受けて、特定非営利活動法人国連支援交流協会が1999年に9月設立されました。

またFSUNは、国連経済社会理事会の「総合協議資格」を有しています。

「総合協議資格」とは

沿革

1988年 11月 国連支援交流財団(FSUN)アメリカ法人として設立登録
1991年 1月 NGO(非政府組織)の認定を国連本部に申請
1996年 5月 国連NGO審査委員会で経済社会理事会の「全般的協議的地位を有する
非政府機関」の正式名称でNGO(カテゴリーⅠ)に認定
1999年 9月 内閣府の認証を受けて「特定非営利活動法人 国連支援交流協会」を設立
-現在に至る-
FSUNの実績・歴史については、「FSUNー25年の歩みー(PDF)」をご覧下さい。

ビジョンとミッション

FSUNのビジョン

私たちは国連憲章の基本精神に基づき、
同じ志に立つ人々と共に地球市民として運動を展開し、
地球人類の全てに幸せと平和を与えることを目指します。

FSUNのミッション

自立・自律・自強(自助)の原則と文化的権利の尊重を遵守し、
人類を支援するために交流する協会として、
私たち人間が創出した「国連」のプロジェクトの推進を通して、
人々の幸せを創出します。

FSUN憲章(6つの理念)

この憲章はFSUNの行動綱領であり、
1997年度総会で発議され、1999年に決定されました。

FSUN憲章の制定について

1

WE,THEPEOPLES

我々は、国連憲章の精神を尊び、
人類共存のヒューマニズムに立って前進します。

2

OBJECTIVES FOR THE PEOPLES RULE OF AID AND SUPPORT

我々は、国連のサポートを通じ、
人類全体の平和と福祉に奉仕します。

3

RULEOFAID ANDSUPPORT

我々は、援助にあたって、
相互に自立・自律・自強(自助)の立場を守ります。

4

MUTUALRESPECT

我々は、互いの長所を讃え、学び、
互いの短所を補い、忠告し、子孫のため、自らのため、
人類共生の世紀を創ります。

5

HUMANRIGHTS

人類の最大の課題は「人権」であり、
我々はこれを護り、改良し、発展させます。

6

CULTURALRIGHTS

我々は、異文化を排除するのではなく、
共に生きる文化的な権利を確保しつつ、
人類共生の世界を目指します。

FSUN と”We, the Peoples”

We,thePeoplesとは

「国連憲章」の冒頭の一節は”We, the peoples(われら人民は)” という言葉から始まっています。
すなわち国連の主語は「各国の人民」が主語であって、「各国の政府」ではありません。

”We, the Nations” や”We, the Governments” ではなく、”We, the Peoples”というのは、「世界の人民」に主力を置いて、その人民の平和と幸せと繁栄の立場に立つことを明らかにしています。
「国連憲章」の基本精神は、まさにその第一行にあるといっても過言ではありません。
FSUNは、この”We, the Peoples”という言葉に象徴される国連憲章の基本精神に基づき、国連のプロジェクトの推進をサポートすることにより、すべての人に幸せと平和を与えることをめざしています。

世界でたった一つの「平和のための機構」である国連を支援

厳しい現実を前に、国連は役に立たないのではないか、という指摘があります。 しかし、国連は世界の中でたった一つの「平和のための機構」です。

かつてJ・Fケネディは
「世界には数多くの組織、機構が存在するが、平和を論じ、推進していくための主体と しての組織は国連だけである。国連は我々にとって最高にして最後の希望である」 と述べたことがあります。

FSUNは世界でたった一つの「平和のための機構」である国連のプロジェクトの推進を サポートすることにより、究極の目的である「人類の幸せ」を創出することをめざして います。

NGOと

国連では協議資格をもつNGOが発言権を持つことができる規定になっており、NGOの存在こそが
「国連の良心」とまで言われるような活動を示すようになりました。
国家と国家は、時に国益をかけて争うものであり、世界益、人類益という立場には立てないことが
多くあります。
しかしNGOは、国境を越えた「人類的立場」で物事を考え、発言することができます。
各国政府が代表して議論する国連の場に、”We, the Peoples”の精神に基づき、私たち市民の声を
届ける・・総合協議資格を持つFSUNは「国連と人民の架け橋」という役割を担っています。

FSUN と活動

  • 国際会議の企画・運営・開催
  • 講演会・シンポジウムの企画・運営・開催
  • 開発途上国援助支援
  • 災害救援・復興支援
  • 女性・こども支援
  • 国連に関する広報・啓発活動
  • チャリティー活動

本部・支部

本部

本部事業部

支部

当サイトに記載のない支部は、当協会とは一切関係がございません。当協会を語り詐欺行為を行っている人間がいることが報告されておりますので、下記に記載のない支部を語る、またIDナンバーのない身分証明書・名刺等をもっている人間を見かけた場合は、すぐに本部事務局へ通報をお願いいたします。